MSPプログラムが1周年を迎える

DMARC
この記事は約3分で読めます。

2022年1月1日、dmarcianは公式MSPプログラムを開始しました。当社は長年MSPと協力してきましたが、正式なプログラムは、DMARCをエコシステムにさらに普及させるため、より多くのドメイン所有者にアプローチしたいという願いから生まれました。

具体的には、商業ドメインの健全な割合を所有するSMBが、COVID-19によってデジタル・トランスフォーメーションを急速に推し進め、その変化の中でMSPに支援を求めていることを認識しました。プログラム開始から丸1年が経過した今、私たちはこの機会にMSPから学んだことを振り返り、今後のプログラムの方向性を構想しています。

当社のMSPプログラムの理念は、電子メールとインターネットをより安全にするためにDMARC技術へのアクセシビリティを高めるというdmarcianのミッションと一致しています。MSPプログラム・マネージャーのジョー・ガーナーは、「私たちは、DMARCを自ら導入しようとしない膨大な数の電子メール・ユーザーがいることに気づきました。ITスタッフを持たない中小企業や、一人ですべてのITタスクをこなす部署を持つ企業にとって、DMARCは単に手の届かないものでした。MSPのために設計されたプログラムを開発することで、以前はDMARCの導入に必要な作業を行う時間やリソースがなかった組織をサポートすることができました。

「MSPパートナーとの関係は、DMARCの飛躍的な普及を可能にする重要なものです」とジョーは続ける。MSPがDMARCの普及に与える影響を見るには、昨年の数字を見ればよい。プログラムの初年度、MSPとdmarcianの協力により、3500以上のドメインにDMARCが実装されました。

MSPプログラムの将来について尋ねると、ジョーは継続的にニーズが高まっていると見ている。「DMARCに関心を持つMSPはますます増えています。MSPのクライアントもDMARCを求め始めています。サイバー保険の要件やその他のDMARCの義務化が一般的になるにつれ、企業経営者はDMARCを導入する新たなプレッシャーに直面しています。例えば、サイバー保険の申請では、引受保険会社はDMARCを含む基本的なサイバーセキュリティ管理について質問しています。

「MSPパートナーは、まさにdmarcianの延長線上にあります。私たちは必要に応じてMSPパートナーを教育・サポートし、彼らがクライアントのためのDMARCエキスパートとなるためのツールとスキルを提供します」とジョーは言う。昨年、MSPパートナーからのフィードバックから、dmarcianは顧客グループごとにドメインをソートする機能を展開し、MSPが顧客のために行う作業をよりよく管理できるようにしました。来年、ジョーは、MSPがDMARCの採用を提唱し、dmarcianプラットフォームを使用することをサポートし、力を与え続けるために、より多くのMSP固有の教育リソースを想定しています。

MSPと関心のある企業とのつながりを促進するために、私たちはローカルおよびグローバル・パートナーの最新リストをFind A Partnerのページに掲載しています。もしあなたがMSPで、DMARCを広めるために私たちと提携したいのであれば、ぜひパートナーになってください。

私たちがお手伝いします

Brandkeeperでは、メールセキュリティの専門家チームによるDMARCの導入から運用サポート及びコンサルテーション行っています。一旦はDMARCの導入をやってみたが運用を断念したお客様、または、導入時点でいくつものハードルであきらめた企業様...のサポートを行っています。

お気軽にご連絡ください

無料相談開催中!

出典元

MSP Program Celebrates One-Year Anniversary

タイトルとURLをコピーしました