DMARCとメール配信品質

DMARC
この記事は約6分で読めます。

DMARCと配信可能性は明らかに相互に関連しています。誰に尋ねるかによって、DMARCは直接的または間接的な影響を及ぼしますので、配信可能性を定義することから始めましょう。

配信と配信可能性

配信は、あなたの電子メールが受信側のサービスに受け入れられたことを意味し、受信者が使用しているサービスが技術的にあなたの電子メールを受け入れるということです。それ以上の詳細には関与せず、それが電子メールが具体的にどこに着地するかについての詳細は関係ありません。そして、ここで「deliverability(配信可能性)」が重要になります。

配信可能性は、一般的に受信トレイの配置とも呼ばれます。これらの用語は、あなたのメールが受信者の主要な受信箱に届くのか、それとも「更新」、「スパム」、またはプロバイダが持っている可能性のある別のフォルダに行くのかに関連しています。配信可能性という概念は、単にメールが受信トレイに届くということだけではなく、より洗練された結果を扱うものです。

DMARCは配信性に影響しますか?

DMARCの配信性への影響に関しては、3つの考え方があります。1つ目は、DMARCは単に配信性に何の影響も与えないというものです。DMARCのレコードがなければ、あなたのメールは受信者の受信トレイに入らない、と主張するISPはめったに見かけませんし、大手のISPでないことは間違いありません。

2番目のグループは、DMARCは配信性に影響を与えるかもしれないと言い、3番目のグループは、DMARCは配信性にとって最も重要な要素であると主張する。様々なISPが存在するため、真実はこれらのグループの中間にある。

DMARCは、特定の送信者からの認証に失敗したメールをどのように扱うかをISPに指示するが、行動を起こすかどうかはISP次第である。ISPに義務はないが、IETFのRFCに従い、エコシステムにおける責任あるプレーヤーでありたいなら、DMARCレコードが指示することを行うだろう。

一般的に、大きな市場を持つ大きな国のよく確立されたインターネットサービスプロバイダー(ISP)は、DMARCに気を配り、それに応じた対策を講じます。ただし、多種多様なISPが存在するため、DMARCがすべての電子メールの配信に対して直接的な影響を持つかどうかを確実に主張することは難しいです。言えることは、強力なポリシーを持つDMARCレコードが設定されている場合、その影響は確かに全体的に配信可能性にプラスの影響を与えるということです。

DMARCが配信可能性にどのように利益をもたらすか?

DMARCレコードを適切に実装することによる間接的な結果は、配信可能性にプラスの影響を与えます。有効なSPFとDKIM認証を設置し、それらの識別子が整合していること(DMARCの基盤)は、メールが受信箱に届くのを確実に助けます。これらのレコードは、ISPがあなたを送信者として識別するのを助け、また、あなたが送信慣行に真剣であることを検証します。

SPF、DKIM、またはその両方を取得していない送信者は、メールが配信されなかったり、配信が制限されたりすることがよくあります。あなたのEメールが受け入れられるかどうかの判断材料となる要素は他にもたくさんありますが、認証プロトコルは最も重要なもののひとつです。

配信可能性に関連するDMARCの他の主な利点の1つは、ドメインがどのように使用されているかについての洞察です。dmarcianのアプリケーションを使用してXMLレポートが提供するフィードバックを注意深く監視することで、適切なソースと、適切な認証のために調整が必要なメールストリームをすばやく特定することができます。DMARCのこの大きな利点は見落とされがちですが、送信者はできる限りのことを利用すべきです(特に、メールの配信性だけでなく、組織全体のセキュリティやデジタルプレゼンスにも役立つものがあれば)。

DMARCは貧弱なコンテンツと悪質なリストの救済策にはならない

DMARCをp=quarantineまたはp=rejectの実施ポリシーで導入すると、なりすましやフィッシングからドメインを保護するだけでなく、送信メールがスパムとしてマークされるのを防ぐことができます。

スパマーがあなたの組織の名前やドメインを使って偽造メッセージを送信した場合、そのメッセージを受け取った人がスパムとして報告する可能性があります。これは、あなたの組織からの正当なメッセージもスパムとしてマークされる可能性があることを意味します。その結果、貴組織のインターネット上での評判に悪影響が及ぶ可能性があります。

グーグル

DMARC、SPF、DKIMは、配信可能性を向上させ、スパムの責任を軽減するプロトコルですが、メールの内容や適切に管理されたメールリストも効果を発揮します。

メッセージがスパムとして報告されることは、結果的に配信可能性に影響を与えます。同じISPで複数の人にメールを送信している場合、たった一人があなたのメールをスパムとしてマークすれば、あなたのメールはスロットルされるか、そのISPの他のほとんどの受信者のスパムフォルダに直接入ることになります。

また、リストのメンテナンスが不十分だと、スパムトラップに引っかかってしまう可能性があるため、配信率にも影響します。スパムトラップには多くの種類がありますが、正規の送信者が最も多く対処しているのは、リサイクルされたスパムトラップです。これは、以前誰かが使用していたメールアドレスが、一定期間使用されなかった後にスパムトラップに再利用されることです。ISPにもよりますが、その間隔は3ヶ月から12ヶ月で、多くの会社は6ヶ月から8ヶ月です。ある時点が過ぎると、そのメールアドレスは正当な送信者に警告するためにバウンスを送り始め、”おい、このアドレスはもう使われていない。

一定期間バウンスメールを送信した後、ISPはそれらの送信を停止しますが、このアドレス宛のメールの受け入れを再開します。ここで「スパムトラップ」の部分が正式に始まります。もし貴社がマーケティング会社で、このアドレスにメールを送っていて、ISPがバウンスを送っている間にリストから削除するのを怠った場合、そのISPへの貴社のメールは直接スパムフォルダに送られたり、完全に拒否される可能性があります。

配信性を向上させる方法

最後に、Eメールの配信性を向上させるために採用できるステップをいくつかご紹介します。

  • Eメールリストを定期的かつ効果的に管理しましょう。特に開封率やクリック率は、誰かがあなたのコンテンツを受信し続けたいと思っているかどうかの最も簡単な指標となります。
  • COI/DOI(確認オプトイン/ダブルオプトイン)を採用し、購読者にマーケティングコンテンツの送信を開始する前に確認メールのリンクをクリックしてもらう。
  • セグメンテーションを活用し、ビジネス上意味のある限り多くの基準でコンテンツを差別化する。
  • 一般的に、メールマーケティングのベストプラクティスに従うことで、コンテンツは消費され、行動に移されます。

そして重要なことは、確実なDMARCレコードを導入し、維持することです。これまで述べてきたように、「p=reject 」DMARCポリシーの導入による直接的・間接的なメリット(より強固なDNSベースの認証、整列された識別子、ユニークなドメイン使用のフィードバック、ブランドの保護と認知など)は、配信可能性だけでなく、組織の全体的なデジタルフットプリント、セキュリティ、プレゼンスにも間違いなく役立ちます。

送信者は、ESPが原因でDMARCレコードの実装に失敗することがあります。それは技術的な制約のためかもしれないし、単にESPが顧客にプロセスを案内することに気が進まないからかもしれない。理由の如何にかかわらず、dmarcianのアプリケーションは、ESPだけでなく、相互の顧客にも無料のツール(およびガイダンス)を提供することで、そのような課題の克服を支援できることに留意することが極めて重要です。

私たちがお手伝いします

Brandkeeperでは、メールセキュリティの専門家チームによるDMARCの導入から運用サポート及びコンサルテーション行っています。一旦はDMARCの導入をやってみたが運用を断念したお客様、または、導入時点でいくつものハードルであきらめた企業様...のサポートを行っています。

お気軽にご連絡ください

無料相談開催中!

出典元

DMARC and Email Deliverability

タイトルとURLをコピーしました