COVID-19の売り込みではない

DMARC
この記事は約5分で読めます。

私たちdmarcianは、電子メールとDNSの交差点に位置するニッチな技術であるDMARCで企業を支援しています。世界がパンデミックとの長い戦いに身を投じている今、私たちが提供するものは、各国が病気の波に備える今すぐの助けにはなりません。

ワクチンやICUのベッド、あるいはN95マスクのような寄付ができればと思います。私たちはリモート・ファースト、Bコープ認証、1%フォー・ザ・プラネット、ミッション・フォーカス、SaaSソフトウェア企業です。それでもまだ十分ではありません。私たちは他のみんなと同じように、大きな未知なるものを見つめているのです。

世界的なパンデミックは他の何とも似ていないが、我々が直面していることを整理するために、最近の歴史から学ぶことができるかもしれない。ジェイソン・レムキンは、2008年から2009年にかけての景気後退期におけるSaaS企業の視点について、『During The Last Downturn-The Leads Still Came In』に書いている。レムキンの記事では、運転資金を持つ組織は生き残る傾向があったと指摘している。そうでない企業(主に中小企業)は廃業した。

その洞察は、私たちに何が起こるかについてより深く考えさせ、いくつかの難しい問いを投げかけるきっかけとなった。例えば、人類が集団で集まる時代が単に終わってしまったらどうなるだろうか?病気の脅威が続くからではなく、パンデミックのもう一方では、もしかしたら必要に迫られてかもしれないが、人々はオンライン・システムを使った、より良い仕事、組織化、遊び、参加の方法を見つけ出すだろう。

対人環境が厳しく制限され、現実の活動の大部分がオンラインに移行せざるを得なくなった場合、その風景はどのようになるのだろうか?ここでは、中小企業に焦点を絞って考えてみたい。レムキン氏の記事は、中小企業が2つの面で苦難に直面するだろうと指摘している。経済的な面(2008年から2009年にかけての不況)と、パンデミック(対面での接触がリスクとなる)の面である。この苦難の結果、廃業するか、直接会うことが脅威となりうる環境で生き残る方法を考え出すことになるだろう。

言い換えれば、中小企業は対面での出会いをオンラインに置き換える方法を学ぶ必要があるということだ。私たちは自分たちに正直になり、中小企業は地域密着型の個別サービスを提供することで繁栄していることを認識しなければならない。クラウド・ベンダーが想像しているほど、今日のオンライン化の選択肢は大きくないかもしれない。つまり、インターネットの可能性が、現在のようなリアルなコミュニティでの人々のつながりにフォーカスされるようになったとき、何が起こるのだろうか?

これが何を意味するのか、我々の推測では

  • 中小企業が対面での出会いを中心に成り立っているのであれば、オンラインに移行する方法を考えない限り、おそらく廃業するだろう。
  • 市民機能(政府の会議、市議会、市民に公開された会議)のような対面での出会いは、長期的に閉鎖することはできず、必然的にオンラインに移行せざるを得なくなる(あるいは一般市民を排除することになる!)。
  • 学校、デイケア、福祉施設などのような監督された対面での出会いは、コミュニティ全体を貧困化させることなく、現実的に閉鎖することはできない。パンデミック時の病人管理は別として、これが最も難しい問題だ。
  • 人々はオンラインシステムを通じて、つながりこそすれ物理的には隔離されたままである。

我々の内部的な結論は、醜いものではあるが、基本的には楽観的である。パンデミックの槍の穂先は厄介だ。槍の残りは社会を変え、組織やサービスのオンライン世界への強制的な移行をもたらすだろう。ネットの世界はまだほとんど準備ができていないが、ディストピアよりも良い結果をもたらす可能性は残されている。

dmarcianは槍の穂先をどうこうすることはできませんが、”次に何が起こるか “についての会話に拍車をかけるために、私たちの考えを公表することはできます。私たちとしては、経済的な制約や対面での制約のために、膨大な数の中小企業、そしてより広くは地域社会が危機に瀕していると考えている。私たちは、すべての人のオンライン化を支援することはできませんし、中小企業が私たちみんなが見ている新しい世界を理解する手助けをすることもできません。しかし、私たちは中小企業のオンライン化を支援する現場のIT担当者をサポートすることができます。

私たちの立場から言えば、技術者でない企業のテクノロジー・ニーズを支援するマネージド・サービス・プロバイダー(MSP)と協力することが、この変革を余儀なくされている脆弱な中小企業を最も効果的に支援する方法です。私たちは、MSPが中小企業のオンライン・プレゼンスを支援する必要があると考えています。

  • 検索可能 – SEOだけでは十分ではありません。地元の中小企業には、オンライン・プレゼンスに目玉を向けるための地元の看板、誰でも利用可能なオンライン・プレゼンス(例えば、Facebookなどのような広範なトラッキングを必要としない)、既存のコミュニティ(地図ソフトウェア、コミュニティ・ディレクトリ、市民団体など)と統合されたオンライン・プレゼンスが必要です。地域のコミュニティ・リソースは存在しないかもしれない。
  • 仕事がしやすい – 現在、ほとんどの中小企業はオンライン訪問者を直接訪問者に誘導している。つまり、注意を引くには電話するかその場所を訪れ、そうでなければ注意を引くことのないEメールを送る。オンラインの「サービス窓口」は、今や玄関口なのだ。中小企業がこのような生き方に移行するには、多くの支援が必要です。
  • 信頼性 – 中小企業は、オンライン環境と、地元顧客がどのような扱いを期待しているかを理解するための具体的な支援が必要です。地域の顧客は、プライバシー、慎重さ、継続性、対 応力など、大企業が現在提供している以上のものを期待し ています。
  • 安全/安心 – 安全なオンライン・プレゼンスと安全なビジ ネス・オフィス環境の構築と維持は、すべての中小企業にとっ て必要な支援です。中小企業は、現在大企業が享受しているのと同レベルの専門知識を利用する必要があります。

私たちはDMARCで人々を支援することで収入を得ています。パンデミック以前の世界では、MSPがDMARCの大量採用を実現する唯一の方法でした。今日の現実では、MSPは多くのSMBがDMARCを導入し、予想される強制的な変革を乗り切るための重要な役割を担っています。

もしあなたがMSPで、私たちの考え方に賛同してくれるなら、フォーラムを訪れてほしい。私たちは、必要でありながらまだ発明されていないものに着手することができます。

私たちがお手伝いします

Brandkeeperでは、メールセキュリティの専門家チームによるDMARCの導入から運用サポート及びコンサルテーション行っています。一旦はDMARCの導入をやってみたが運用を断念したお客様、または、導入時点でいくつものハードルであきらめた企業様...のサポートを行っています。

お気軽にご連絡ください

無料相談開催中!

出典元

Not Another COVID-19 Sales Pitch

タイトルとURLをコピーしました