「マイネットワーク」機能がDMARCの可視性と洞察をパートナーに提供

DMARC
この記事は約3分で読めます。

「マイ・ネットワーク」とは何ですか?

dmarcianのアプリケーションにおけるMy Networkは、Eメールサービスプロバイダ(ESP)、インターネットサービスプロバイダ(ISP)、および他人の代わりにEメールを送信する同様の企業のためのリソースのセットです。DMARCエコシステムでは、これらの企業をソースと呼ぶことがよくあります。ソースパートナーにとってのMy Networkダッシュボードの価値は、DMARCの展開と管理において顧客が直面する課題に対する可視性と洞察を提供することです。DMARCをあらゆる場所に普及させ、すべての人にとって安全なEメールを作るというミッションのもと、dmarcianはこのデータをESP/ISPに無料で提供しています。

なぜ「マイ・ネットワーク」が重要なのか?

ESPや他の企業に代わってメールを送信する企業にとって、顧客に役立つデータは金のようなものです。その意味で、DMARC XMLデータは有益で実用的なフィードバックを提供するが、ESPがこれにアクセスできることはほとんどない。仮にアクセスできたとしても、個々の顧客と個々の問題について、完全なXMLレポートを提供するよう顧客に求めることになります。これは膨大な量であり、これらのレポートには、ESPに関連しないものも含め、膨大なデータセットが含まれている可能性があります。

マイネットワークは、クライアントのインフラに関連するXMLデータを明確かつ簡潔に表示します。例えば、dmarcianがESPを使用している500のクライアントを持っている場合、そのESPは、数回クリックするだけで、その500のクライアントのプラットフォーム固有のXMLデータ(そのESPによってのみ発信されたトラフィック)を表示することができます。

マイ・ネットワークには、次のような機能もあります。

  • インタラクティブな概要のダッシュボード
  • 特定のドメインまたはドメインのセットを検索する機能(特定のクライアントをターゲットにするなど)
  • コンプライアンスレベルが一定の閾値を下回った場合の通知機能
  • ESPのソースエントリに必要な変更をdmarcianに警告するためのインタラクティブな機能。

どうすれば始められますか?

先に述べたように、dmarcianはすべての人にとって安全なEメールを作ることを使命としており、このデータをESP/ISPに無料で提供しています。始めるために必要なことは以下の通りです。

  • アカウントの作成
  • アカウントを取得し、すでにソースであれば、デモのスケジュールを組みましょう!まだdmarcianのソースでない場合は、電子メールをお送りください。必要なのは、貴社の送信インフラから来るトラフィックを確実かつ一貫してマッピングするための技術的な情報だけです。

私たちがお手伝いします

Brandkeeperでは、メールセキュリティの専門家チームによるDMARCの導入から運用サポート及びコンサルテーション行っています。一旦はDMARCの導入をやってみたが運用を断念したお客様、または、導入時点でいくつものハードルであきらめた企業様...のサポートを行っています。

お気軽にご連絡ください

無料相談開催中!

出典元

“My Network” Feature Delivers DMARC Visibility and Insights to Partners

タイトルとURLをコピーしました