FBI、2020年インターネット犯罪報告書を発表

DMARC
この記事は約2分で読めます。

FBIのインターネット犯罪苦情センター(IC3)は、インターネット犯罪が疑われる苦情79万1790件(2019年から30万件以上増加)の情報を含む2020年インターネット犯罪報告書を発表した。

2020年は米国民からのインターネット犯罪の苦情が2019年から69%増加し、記録的な年となった。報告された犯罪のトップがフィッシングで、241,342件の苦情と5,400万ドルの損失があったことは驚くことではない。ビジネスメール詐欺は引き続き壊滅的な損失をもたらし、1万9,369件の苦情と約18億ドルの損失があった。ランサムウェアのインシデント件数も増加の一途をたどり、2020年には2,474件のインシデントが発生した。

予想通り、2020年にはCOVID-19パンデミックに関連した詐欺が出現した。COVID-19に関連する28,500件の苦情がIC3に寄せられ、犯罪者は企業と個人の両方をターゲットにしていた。

IC3(Internet Crime Complaint Center)の2020年のインターネット犯罪報告書には、一般の人々に影響を与える最も一般的なインターネット詐欺に関する情報が含まれており、予防と保護に関するガイダンスも提供されています。また、FBIのインターネット犯罪との闘いに関する取り組みや、最近の事例も紹介されています。FBIのサイバーディビジョンは、そのプライベート業界向け通知で、スプーフィングの防止とメールの検証のためにSPFDKIM、およびDMARCの設定を推奨しています。

IC3は、インターネットを利用した犯罪行為が疑われる場合に、FBIに情報を提出するための信頼できる報告メカニズムを一般市民に提供し、業界パートナーとの効果的な提携関係を構築しています。情報は、法執行のための捜査および諜報目的、および一般への啓発のために分析され、拡散されます。

2020年インターネット犯罪報告書」の発表に伴い、FBIは、インターネット上での犯罪行為が疑われる場合には、直ちにIC3に通報するよう注意を呼びかけている。インターネット犯罪を報告することで、被害者は法執行機関に注意を促すだけでなく、サイバー犯罪との闘い全体を支援することになる。

dmarcianは、DMARCの知識と認知度を高めることで、電子メールをより安全にするよう努めています。DMARCプロジェクトでサポートが必要な場合は、お知らせください。

私たちがお手伝いします

Brandkeeperでは、メールセキュリティの専門家チームによるDMARCの導入から運用サポート及びコンサルテーション行っています。一旦はDMARCの導入をやってみたが運用を断念したお客様、または、導入時点でいくつものハードルであきらめた企業様...のサポートを行っています。

お気軽にご連絡ください

無料相談開催中!

出典元

FBI Releases 2020 Internet Crime Report

タイトルとURLをコピーしました